« 拾い猫 おいでやす (2004.8.27撮影) | Main | 2匹めのドジョウ »

たとえばこんな話 その3

「最寄り駅に向かう途中で前を歩いていたOLらしきオネーチャンの
 スカートのすそから糸が1本てれっとぶらさがっていた」

この現象から広げられる妄想を大風呂敷もかくやの勢いで広げてみるPART3。

-----------------------------------------------------------

「あの・・・スカートのスソほつれてますよ?」
突然知らない女性に声をかけられ、驚いた表情で振り向く彼女。
「えっ」
慌ててキョロキョロと視線を這わせるが、まだ気づかない。
急いでいるようであったので、小声でほつれ箇所も教えてあげることにした。
「左足の裏側のあたり・・」
「えっ」
「コレです」
糸に向かって手をのばそうとしたそのとき。
「キャー!!触っちゃダメ!」
恐怖に顔を引きつらせ、横っ飛びに身を引いて逃れる彼女。
「え?」
「ここここの糸を引くと大変なことが・・・・・」
とりみだしつつも威厳をにじませた口調をとりもどした彼女は続ける。
「これは国家機密にかかわる重大なプロジェクトの一環なんです」
「はあ?」
「とにかく、これ以上私にかまわないでください。失礼」
・・・なんだそれ。せっかく人が親切に声をかけてあげたのに。
ちょっとムカついたので、立ち去る彼女の背後から件の糸に手をのばし、

つん、と引っぱってみた。


・・・何も起こらない。

なーんだ。デンパ女か。ちょっとドキドキしちゃったじゃんか。
すっかりがっかりして駅へむかう。
駅前は、ファッションビルの巨大モニターを見上げる人々で大混雑していた。
朝の主婦向け番組の時間だが、ニュース速報にとってかわられている。
「・・・ただ今入りました情報によりますと、
 U国南部の軍事関連施設が何者かにより爆破され・・・」

-----------------------------------------------------------

必要以上に杜撰な場所に
必要以上に精密なスイッチ。

開発者そうとう切れ者なんだろうけどあたま悪いよなあ。

|

« 拾い猫 おいでやす (2004.8.27撮影) | Main | 2匹めのドジョウ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46270/2698387

Listed below are links to weblogs that reference たとえばこんな話 その3:

« 拾い猫 おいでやす (2004.8.27撮影) | Main | 2匹めのドジョウ »